お餅にカビを生やさない!餅がカビない人気グッズです。

口コミを見る
お餅 カビないセット・お餅かびないパック(一番人気商品ですぴかぴか(新しい)
ドーバー(DOVER) パストリーゼ77の口コミ(カビ防止だけじゃない!インフルエンザにも。口に入れても安全な消毒液です)


人気のお餅レシピとキッチングッズ


春夏秋冬餅レシピ
レンジでおもちがくっつかない RE-171 レンジモチアミ
もちアミ&チップスメーカー
ハローキティ餅ワッフルメーカー MOF1
Moffle(モッフルメーカー)2個焼き

評判の餅つき機


口コミを見る
SANYO SPM-MP31-W(ホワイト)もちつきベーカリー
つきたておもち くるりんもっちー

2010年12月30日

ぜんざいの作り方(あく抜き不要)

お餅、お正月といえばぜんざいが大好きです。
本来めんどくさがりなので小豆を煮る時も手間をかけたくありません。
市販の缶詰のあずきやゆであずきもおいしいのですがせっかく小豆が手に入ったらおいしく作りたいものです。

小豆を茹でるときには一度吹きこぼしたり茹で汁を捨ててから煮ると書いてあるレシピがほとんどです。
茹でこぼしたり茹で汁を捨てるという理由は小豆特有の苦みとえぐみをなくすためです。
しかし今まで茹で汁を捨てなくてもおいしかったのはどうしてだろうと調べてみたんですが、マクロビオティックでは、アク抜きをしない方法を勧めているようです。
勧めているということはあく抜きをしなくても小豆は安全だということのようですね。
マクロビダイエット




小豆の灰汁(アク)に含まれるサポニンには血管に付いたコレステロールを除去したり解毒効果、利尿効果があるので摂取してもよいそうです。
また体内の水分を外に出す効果が高いのでむくみ体質の人や足が細くなりたい人にもいいそうです。


土鍋を使って小豆を煮ると紹介していましたが、私がいつもやっている方法でも大丈夫なのではないでしょうか?(一度もお腹を壊したことがありませんし)

<あく抜きをしないで小豆を煮る方法>
土鍋がある方は使用するとふっくらした豆が出来上がります。
ない場合または土鍋を用意するのが面倒な場合は一般的な鍋で大丈夫です。(私はいつもそうしています)

【下準備】
あずきを一昼夜(24時間以上)水につけてふやかします。
あずきは中途半端にふやかすと煮えむらができ、また、室温により腐敗の原因にもなるのでふやかさずそのまま火をかけてもよい。

【レシピ】
豆を水洗いしてから土鍋に入れて豆の量の3倍の水を加えて火にかける。
このときに蓋はしてはいけない。

沸騰したら火を弱めて小豆が湯の中で踊っている程度の火加減をキープする。

水が少なくなったら差し水をしながら1時間ほど煮る。
好みの柔らかさになれば少量の差し水をしてから(差し水とは湯に少量の冷水を入れて若干温度を下げること)塩を少々加える。

【注意点・おいしく煮るポイント】
アク抜きが不要の作り方ですが、ふたをして煮ると中に苦みやえぐみが残ってしまうので蒸発させる意味合いでふたはしません。
甘みが強いものが好みの場合、砂糖やハチミツを加えます。
また、塩を入れるタイミングは沸騰している中に入れてしまうと苦みが強くなるので必ず差し水をしてから行います。




posted by 管理人 at 19:55| お餅を使ったレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。