お餅にカビを生やさない!餅がカビない人気グッズです。

口コミを見る
お餅 カビないセット・お餅かびないパック(一番人気商品ですぴかぴか(新しい)
ドーバー(DOVER) パストリーゼ77の口コミ(カビ防止だけじゃない!インフルエンザにも。口に入れても安全な消毒液です)


人気のお餅レシピとキッチングッズ


春夏秋冬餅レシピ
レンジでおもちがくっつかない RE-171 レンジモチアミ
もちアミ&チップスメーカー
ハローキティ餅ワッフルメーカー MOF1
Moffle(モッフルメーカー)2個焼き

評判の餅つき機


口コミを見る
SANYO SPM-MP31-W(ホワイト)もちつきベーカリー
つきたておもち くるりんもっちー

2011年12月31日

のし餅袋の使い方、ビニール袋との違い 餅のし袋とは?

のし餅を作るときに便利なのが、餅のし袋です。
餅専用の袋なので、ビニール袋と違い、空気が出やすくなっています。
また、密封状態になるので、カビが生えにくくなります。

のし餅袋の使用方法は、つきたてのお餅を餅のし袋に入れてから、伸ばしていきます。
袋に入れるときに、出来るだけ奥の方に入れると伸ばしやすいです。
あらかじめ、袋を折り返して置くと熱いお餅を入れやすいです。
同じ厚みになるように、麺棒などを使用して延ばします。
延ばす方法は、奥から端に伸ばします。
この時に、ビニール袋を使うと、空気が出る孔がないので、ビニールの角をつまようじなどで穴を開けて空気を抜くことになります。

餅のし袋は、見つけた時に早めに購入しておくことがいいと思います。
毎年売り切れになる商品だからです。
のし餅袋 2升用3枚入り



のし餅袋 1升用5枚入り


posted by 管理人 at 00:00| のし餅作り方・ビニール袋と切り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。