お餅にカビを生やさない!餅がカビない人気グッズです。

口コミを見る
お餅 カビないセット・お餅かびないパック(一番人気商品ですぴかぴか(新しい)
ドーバー(DOVER) パストリーゼ77の口コミ(カビ防止だけじゃない!インフルエンザにも。口に入れても安全な消毒液です)


人気のお餅レシピとキッチングッズ


春夏秋冬餅レシピ
レンジでおもちがくっつかない RE-171 レンジモチアミ
もちアミ&チップスメーカー
ハローキティ餅ワッフルメーカー MOF1
Moffle(モッフルメーカー)2個焼き

評判の餅つき機


口コミを見る
SANYO SPM-MP31-W(ホワイト)もちつきベーカリー
つきたておもち くるりんもっちー

2011年08月21日

きなこもち(きな粉餅・黄粉餅)の作り方

お餅のおいしい食べ方として、きなこ餅もオーソドックスではないでしょうか。
安倍川もち(あべかわもち)とも言いますね。
トースターや金網で焼いたお餅をお湯にくぐらせます。
(またはレンジで温めて柔らかくしたお餅を用意します。)
焼いたお餅を一度お湯にくぐらせるのは、黄な粉を密着させやすいためです。

黄粉はお好みで種類を選んでください。
きなこだけですと、甘味がありませんので、砂糖を入れます。

きな粉と砂糖の分量は、1:1が一般的です。
お餅1個あたりきなこ大さじ1と砂糖大さじ1が目安です。

しかし、甘味はお好みがありますので加減してください。
また、塩を少し入れると甘味が増します。
塩を入れる理由は、舌には「対比効果(たいひこうか)」というものがあるからです。
塩辛い味と甘い味など2種類の味が同時に存在するとき、片方の味が、他方の味の強さを強めるように変える現象のことです。
舌には、甘味、酸味、苦み、塩辛さ、うまみなどを感じる神経が別々にあます。
塩辛さは甘味よりも早く感じるので、甘味だけを感じるより、塩辛さを感じた後に甘みを感じた後の方が、甘味が強く感じるのです。

でも、激甘にしたいと思って、塩をどっさり入れては逆効果です。
きなこと砂糖の量にもよりますが、ひとつまみ程度で十分です。


posted by 管理人 at 00:00| お餅を使ったレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。