お餅にカビを生やさない!餅がカビない人気グッズです。

口コミを見る
お餅 カビないセット・お餅かびないパック(一番人気商品ですぴかぴか(新しい)
ドーバー(DOVER) パストリーゼ77の口コミ(カビ防止だけじゃない!インフルエンザにも。口に入れても安全な消毒液です)


人気のお餅レシピとキッチングッズ


春夏秋冬餅レシピ
レンジでおもちがくっつかない RE-171 レンジモチアミ
もちアミ&チップスメーカー
ハローキティ餅ワッフルメーカー MOF1
Moffle(モッフルメーカー)2個焼き

評判の餅つき機


口コミを見る
SANYO SPM-MP31-W(ホワイト)もちつきベーカリー
つきたておもち くるりんもっちー

2011年08月12日

ストーブの上に置いて焼く方法

◆石油ストーブの上に放置しておく
石油ストーブがあるお家は珍しくなりましたが、お部屋全体が暖かくなるので使っていらっしゃる方も多いかもしれませんね。
冬場限定になりますが、石油ストーブで焼く方法は昔ながらの方法ですが、意外とお餅を焼くのにちょうどいいんです。
ストーブの上の平らな面に、硬いお餅を乗せておくだけです。
エコですし、ガスも電気も使用しないので節約にもなりますね。

この方法はメジャーだと思っていたのですが、石油ストーブを知らない若い世代では、知らない方が多いようで驚きました。

石油ストーブの上部が熱くなるタイプでしたら、ストーブの上で焼くことが出来ます。
しかし、調理器具ではありませんし、メーカーが推奨している方法ではないので、あくまで自己責任ということで^^;
対流型石油ストーブでも、反射式石油ストーブでも、上にヤカンを乗せてお湯が沸くタイプでしたら、お餅をストーブで焼くことが出来ます。
焼き方は様々です。
もちろん食べ物を焼くわけですから、お餅を乗せる部分を綺麗に拭いてから、そのままお餅を乗せたり、アルミホイルを敷いてからクッキングシートなどを乗せてお餅がくっつかないようにして、お餅を乗せたりします。
ちなみに私は同じ方法で、焼き芋や干し芋を焼いて食べるのも好きでした。




posted by 管理人 at 00:00| お餅を早く焼く方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。